なんかうまくいかない。【焦燥感】

【半月注意報】の時に襲い掛かってくる思いの中で、【焦燥感】と言うものがあります。

 

いわゆる、焦ってしまう思いですね。

 

色々頑張っているのに、なんかうまくいかないことが続く。。。

どんどん、悪循環にはまってしまい、泥沼化している。。。

 

そんな風に感じたことはありませんか?

それは、もしかしたら、半月パワーがやって来ている時ではないでしょうか?

 

私の場合、【半月注意報】に当てはまる心の状態になっていると気づいたときに、カレンダーを見ると半月の前だったりします。

 

心や身体のコンディションから、半月の近づいている事を察知するようになりました。

 

半月センサー(笑)

 

人間関係でも似たようなシチュエーションがありませんか?

自分は、一所懸命に頑張っているのに、それをわかってもらえない。

 

失敗ばかりが目立ってしまって、

周りの人からは、いつもダメな奴だと見られている。

(ように、感じている)

 

特に、半月に近づくとこれらの想いが増幅される傾向があります。

そして、「いつも・・・」

というように、考えてしまいます。

 

心理学的に言うと、この「いつも・・・」という見方は、

【一般化】と言われています。

 

あなたもたまに言いますよね?

「いつも・・・」

「みんなが・・・」

など、

 

ひとくくりにして語ること。

 

実際にその発言をしている人に、具体的に

「いつが?」とか、

「だれが?」と聞いてみると、

その事例が、2~3しかなかったりします。

 

この人にとっては、3つもあれば、「いつも」だったり、

「みんな」だったりするのでしょうか?

 

幼児が3つまでしか数えられないのと同じみたいですが、

 

本人にとっては、具体的にみる視点を持っていなかったり、

忘れていたりすると、このように「すべてが・・・」と

感じてしまうようです。

 

もしも、そんな想いの虜になってしまった人が身近にいたら、

優しく受け入れてあげて、具体的な例について質問して、

それが「すべて」ではないことに気付かせてあげましょう。

 

もちろん、ご自身がこの虜になったときも同様に、

具体的な事例をリストアップしてみて、

「そんなに多くない」ことに気づけたら良いですね。

 

具体的な数字は、頭の整理に役立ちます。

 

「お金が無い。」

「お金が欲しい」

 

などを発している時も、

具体的には、幾らのお金が必要なのか?

何に、幾ら必要なのか?

 

その辺を具体的に、細かくリストアップしてみると、

見えないプレッシャーを解き放つことができるかもしれません。

 

実際に私自身、

「家計が厳しくて、お金がない。」

「もっと稼ぎたい」

などと思っていますが、具体的な数値に落とし込めていないため、

実際には、幾ら必要なのか?

あと幾ら稼ぎたいのか?

 

その辺が、あいまいなまま、

見えない恐怖だけが襲ってきている状況です。(苦笑)

 

心理学用語で、これらの作業の事を

「チャンクダウン」といい、

逆に、抽象的な考え方に移すことを

「チャンクアップ」と言います。

 

それぞれに活用できる場面がありますので、詳しく知りたい方は、ネットで検索してみると良いですよ。

 

もしも、ご要望がああれば、このブログでも紹介していきたいと思います。

 

では、また!