読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【半月注意報】こだわりが強く出る

【半月注意報】こだわりが強く出る

 

半月注意報のときには自分が正しいと思ってることを強く感じるようになります。

 

その中で特に普段からこだわっていることに対して、更に強くこだわるようになる傾向があると思います。

 

例えば、私の場合だと、歩いていたり、自転車に乗っている時に、その人の動線を横切る時は、人の前を横切るのではなくて、少し間を置いて、後ろで交差する様にした方が良いと考えています。

 

ほとんどの人は、直ぐに横切ろうとして、結果、人の目の前を横切る形になります。

 

そうすると、接触の恐れがあるばかりでは無く、横切られた人が急ブレーキをして体勢を崩して転倒したりする危険があります。

 

横切った本人は「行ける」と思って横切るので、後ろの事など気にせずにそのまま立ち去ってしまい、無責任ですが、そこまで他人のことを考えている人も少ないと思います。

 

もしかしたら横切った後ろの方で体勢を崩して転倒している事があるかもしれません。

 

この辺は、以前投稿した【想像力に欠ける】と言う話に繋がる所ですね。

 

さて、上記の様に、私には、人と交差する時には、その人の後ろで交差する事を善しとする考えを持っています。

 

【半月注意報】ではない普段の時は、そのこだわりは、私自身に向けたものですが、【半月注意報】の期間に入ると、その対象者が自分だけではなくて、周りの人にも向けられる傾向があります。

 

その傾向性を知っている事で、私はまだ自制心を働かせる事が出来るので、目の前でその状況を見かけても突発的に注意をしたりする事は有りませんが、もしもこの傾向性を知らない人が自分のこだわりに反する行動を目の前にした時は、もしかしたら、突発的に注意をしたりして、トラブルの元になるかもしれません。

 

この投稿を読んでくれているあなたにも、何か心当たりのある場面は有りませんでしたが?

 

これらの【半月注意報】の傾向性を知っていることで、突発的な感情の乱れに自分で早めに気づく事が出来て、大きなトラブルを避ける事が出来ます。

 

そして、トラブルを避けるだけではなくて、自分自身の心の乱れ始めに気づく事が出来て、心の乱れを起こす前に沈静化する事が出来るため、【半月注意報】の期間にあっても、心を平安に過ごす事が出来ると思います。

 

あなたが心の平安を保っていたら、周りの人にもその心の平安が伝わり、その結果、あなた自身の周りに平安が訪れる事になると思います。

 

天の国は、地上にも存在します。

私たちもその住人になりましょう。

 

やり方は簡単です。

 

ジョンレノンや忌野清志郎が歌っている様に、【想像するだけ】で良いのです。

 

「みんながそう想えば、簡単なこと」なのです。

 

忌野清志郎 IMAGINE

https://youtu.be/QnKykvIp4Yg